市販薬

オムニードフェルビナク温感の効果・副作用

効能・効果

肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、関節痛、筋肉痛、腱鞘炎(手の痛み・手首の痛み・足首の痛みと手の腫れ・手首の腫れ・足首の腫れ)、肘の痛み(テニス肘等)、打撲、捻挫。

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

表面のライナーをはがし、1日2回を限度として患部に貼付してください。15歳未満の小児は使用しないでください。<用法・用量に関連する注意>1.用法・用量を厳守してください。2.本剤は、痛みやはれ等の原因になっている病気を治療するのではなく、痛みやはれ等の症状のみを治療する薬剤なので、症状がある場合だけ使用してください。3.汗をかいたり、患部がぬれているときは、よく拭き取ってから使用してください。4.皮膚の弱い人は、使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に、1~2cm角の小片を目安として半日以上貼り、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。5.打撲(打ち身)、捻挫に使用する場合には、患部の熱感等の症状がおさまってから使用してください。6.本剤を使用してから汗をかくと強い刺激を感じることがあります。7.本剤に触れた手で、目の周囲、口唇、鼻孔、その他の粘膜にさわらないでください。8.本剤を貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。9.本剤を貼ったまま、あるいははがした直後に入浴しないでください。(強い刺激を感じることがあるので、少なくとも入浴の1時間前にははがし、入浴後は30分程してから使用してください。)

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

すべてのレビューを見る

関連する薬

パブロン50錠 パブロン50錠
別名:
別名:
かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、悪寒、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み、たん)の緩和。
JPS漢方顆粒-67号 JPS漢方顆粒-67号
体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの次の諸症:高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重)。
奥田家下呂膏 奥田家下呂膏
別名:
別名:
打撲痛、捻挫痛、肩こり痛、関節痛、筋肉痛、神経痛、リウマチ痛、腰痛。
コムレケアゼリー コムレケアゼリー
体力に関わらず使用でき、筋肉の急激なけいれんを伴う痛みのあるものの次の諸症:こむらがえり、筋肉のけいれん、腹痛、腰痛。
葛根湯クイック 葛根湯クイック
別名:
別名:
体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手の痛みや肩の痛み。

タグ