処方薬

セファドールの効果・副作用

効能・効果

めまいを治療するお薬です。 耳の中や脳の血液の流れをよくする働きがあります。

MEDLEY

副作用

口渇、食欲不振、胸やけ、浮動感、不安定感、顔面熱感、動悸、頭痛、頭重感、発疹、蕁麻疹

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

1. セファドール錠25mg 通常成人1回1〜2錠、1日3回経口投与する。年齢、症状により適宜増減する。 2. セファドール顆粒10% 通常1回0.25〜0.5g(ジフェニドール塩酸塩として25〜50mg)を1日3回経口投与する。

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 効き目はゆるやかですが、確実に効いています。
    名無しさん
    内耳性めまいで、頭がクラクラしてしまい、歩けないほどだったので処方してもらいました。 錠剤ですが、飲んだ瞬間に苦味の強さを感じます。 そういった点では、少し飲みづらい錠剤ですが、効き目は抜群です。 即効性はありませんが、飲んで2日ほどで症状が治まってきました。
    続きを読む
    緩やかに効いてくる感じです。 私の場合は、飲んで1日目ぐらいでは、まだ起きる度にめまいがあって、苦しく揺れている状況が続いていましたが、5日も飲み続けていると、症状は完全に無くなっていました。 なので、症状がなくなるまで飲み続けることが大事かなと思います。 一旦、治ってしまえば、あとは日常生活に気をつけるだけで再発も防げるので、薬を定期的に飲む必要もなく助かりました。
    5
  • めまいは改善したものの口が乾きます
    名無しさん
    私はたまにめまいを起こすことがあって耳鼻咽喉科を定期的に受診しています。 その病院でめまいの薬としてもらっているのがセファドールです。 この薬を飲んでいる時にはめまいは起こりにくいので予防的に使うこともありますし、めまいが実際に起こってから飲んでもそれなりに効果があるように感じています。
    続きを読む
    ただ、この薬を使う上で気になっているのが口が乾くことです。 薬をもらう時に主治医から口が乾くかもとは言われていたのですが、本当によく口が乾きます。 元々ドライマウスなので夜に口や喉が渇いているのが気になって、よく飲み物を飲むために途中で起きますし、渇きが気になって眠れなくなることもあります。 そのためなるべく夜は飲まないようにしています。
    3
すべてのレビューを見る

関連する薬

クラシエ五苓散錠 クラシエ五苓散錠
体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔。
桂枝茯苓丸 桂枝茯苓丸
処方薬 桂枝茯苓丸
主な適応: めまいの薬 別名: 桂枝茯苓丸エキス顆粒
別名: 桂枝茯苓丸エキス顆粒
このくすりは漢方薬です。あなたの症状や体質に合わせて処方してあります。 下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせ、冷えなどをやわらげ、月経不順、月経痛、打撲などの各種症状を改善する漢方薬です。
メトリジン メトリジン
処方薬 メトリジン
別名: ミドドリン塩酸塩
別名: ミドドリン塩酸塩
めまい、立ちくらみなどの低血圧に伴う症状をやわらげるお薬です。 末梢血管を緊張・収縮させて、血圧を上げる働きがあります。
「クラシエ」漢方苓桂朮甘湯エキス顆粒 「クラシエ」漢方苓桂朮甘湯エキス顆粒
体力中等度以下で、めまい、ふらつきがあり、ときにのぼせや動悸があるものの次の諸症:立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏。
メリスロン メリスロン
処方薬 メリスロン
別名: ベタヒスチンメシル酸塩
別名: ベタヒスチンメシル酸塩
めまいを治療するお薬です。 耳の中や脳の血液の流れをよくする働きがあります。

タグ