処方薬

ケアラムの効果・副作用

効能・効果

免疫機能の異常を調節し、関節の炎症やはれをやわらげる働きがあります。 リウマチによる関節の炎症やはれ、こわばりなどの症状を改善するお薬です。

MEDLEY

副作用

γ-GTP増加、Al-P増加、NAG増加、尿中β2ミクログロブリン増加、総胆汁酸増加、腹痛、発疹、リンパ球減少、鼻咽頭炎、血中鉄減少、AST増加

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

イグラチモドとして、1回25mgを1日1回朝食後に4週間以上経口投与し、それ以降、1回25mgを1日2回(朝食後、夕食後)に増量する

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 穏やかな部類だが初期には有効
    名無しさん
    関節リウマチの疑いで飲み始めました。 (関節痛や微熱、食欲不振はあったのですが、画像や血液検査では異常が無かったです)
    続きを読む
    飲み始めてから、力が入れにくくスポンジが持てなくなる等日常生活に支障が出ていた関節痛はかなり改善し、 軽度の家事では追加で湿布や痛み止めを服用しなくても良いほどになりました。 ただ歩きすぎたりすると膝が痛むので、現在休職なのですが、仕事復帰にはやや不安があります。 飲んで不都合だった事は、上腹部(恐らく胃の辺り)の痛みです。 一般的な痛み止めと同じ効き目もある事からか、シクシクと痛む感じがケアラム増量後出始めました。 胃薬の追加でおさまっています。 それ以外は副作用等は出てないので、リウマチの疑いの人には良い薬かと思います。
    0
すべてのレビューを見る

関連する薬

セレコックス セレコックス
別名: セレコキシブ
別名: セレコキシブ
痛みや炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 炎症による痛みやはれをやわらげるお薬です。
アザルフィジンEN アザルフィジンEN
別名: サラゾスルファピリジン
別名: サラゾスルファピリジン
免疫機能の異常を調節し、関節の炎症やはれをやわらげる働きがあります。 リウマチによる関節の炎症やはれ、こわばりなどの症状を改善するお薬です。
近江兄弟社メンターム 近江兄弟社メンターム
すり傷、やけど、しもやけ、虫さされ、そり傷、切傷、打撲傷、神経痛、かゆみ、靴ずれ、ひび、あかぎれ、筋肉ロイマチス、皮膚炎症。
サロメチール サロメチール
別名:
別名:
運動前後の筋肉疲労、打撲、捻挫、頭痛、歯痛、肩凝、凍傷、ロイマチス、神経痛、関節炎、毒虫咬傷、皮膚そう痒症、咽喉痛、感冒性関節炎。
神経痛薬粒状 神経痛薬粒状
別名:
別名:
神経痛、リウマチ、関節炎、肩のこり。

タグ