効能・効果

気管支の緊張やけいれんをおさえ、気管支をひろげて咳や苦しい呼吸をやわらげる働きがあります。 呼吸を楽にするお薬です。

MEDLEY

副作用

動悸、頻脈、心電図異常、血圧上昇、ほてり、振戦、頭痛、頭重感、手のしびれ感、めまい、嘔気

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

プロカテロール塩酸塩水和物として、通常成人1回20μg(2吸入)、小児1回10μg(1吸入)を吸入する なお、年齢、症状により適宜増減する (用法及び用量に関連する注意)成人1回2吸入、小児1回1吸入の用法及び用量を守り、1日4回(原則として成人8吸入、小児4吸入)までとすること〔8.2、13.1参照〕

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 喘息の発作時に吸入
    名無しさん
    喘息の発作時に吸入しています。 吸入は簡単です。 個人差はあると思いますが、その時の発作の症状によって、吸入してから効き始めるまでに15分、長くて30分程かかる時があります。 効き始めると、息苦しさが和らぎ、呼吸が楽になってきます。
    続きを読む
    効きが悪いと感じた時は、少し時間を空け、再度吸入しています。 出先で吸入をした時に近くに水道がない時は、うがいをする代わりに、ペットボトルの水やお茶を飲んで流しています。 うがいを忘れると、後日、唇の端が少し荒れていたので、うがいをしたり、唇を軽く洗っています。 喘息は、夜中や明け方に苦しくなって吸入する事があると思うので、枕元にペットボトルの水か、マグカップにお茶を入れて常に置いています。
    0
すべてのレビューを見る

関連する薬

シムビコート シムビコート
主な適応: 気管支喘息の薬 別名: ブデソニド・ホルモテロールフマル酸塩水和物
別名: ブデソニド・ホルモテロールフマル酸塩水和物
呼吸を楽にするお薬です。 狭くなっている気管支の内部をひろげるとともに、炎症やアレルギーをおさえる働きがあります。 喘息の発作の程度、頻度を軽減するお薬です。
レルベア レルベア
処方薬 レルベア
主な適応: 気管支喘息の薬 別名: ビランテロールトリフェニル酢酸塩
別名: ビランテロールトリフェニル酢酸塩
呼吸を楽にするお薬です。 狭くなっている気管支の内部をひろげるとともに、炎症やアレルギーをおさえる働きがあります。 喘息の発作の程度、頻度を軽減するお薬です。
アストミン錠 アストミン錠
別名: ジメモルファンリン酸塩
別名: ジメモルファンリン酸塩
咳をしずめるお薬です。 咳を起こさせる脳の中枢の興奮をおさえ、咳をしずめる働きがあります。
テオドール錠 テオドール錠
主な適応: 気管支喘息の薬 別名: テオフィリン徐放錠
別名: テオフィリン徐放錠
呼吸を楽にするお薬です。 気管支をひろげ、気管支喘息や気管支炎などの発作をやわらげる働きがあります。
フルティフォーム フルティフォーム
主な適応: 気管支喘息の薬 別名: フルチカゾンプロピオン酸エステル・ホルモテロールフマル酸塩水和物吸入剤
別名: フルチカゾンプロピオン酸エステル・ホルモテロールフマル酸塩水和物吸入剤
狭くなっている気管支の内部をひろげるとともに、炎症やアレルギーをおさえる働きがあります。 喘息の発作の程度、頻度を軽減するお薬です。

タグ