市販薬

バファリンプラスSの効果・副作用

効能・効果

1.頭痛・肩こり痛・月経痛(生理痛)・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・咽喉痛・歯痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・ねんざ痛・骨折痛・外傷痛・耳痛の鎮痛。 2.悪寒・発熱時の解熱。

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

なるべく空腹時をさけて服用してください。 服用間隔は6時間以上おいてください。 成人(15歳以上):1回2錠。 1日2回服用を限度とする。 15歳未満:服用しないこと。 <用法・用量に関連する注意> 1.用法・用量を厳守してください。 2.錠剤の取り出し方 添付文書図のように錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 痛みをすぐ止めたい人には不向きかもしれません。
    名無しさん
    若い頃より生理痛がひどく、一番つらい日だと腰骨が砕けたかと思うくらいに痛く、布団から起き上がるのもつらいのですが、あまりの痛みにまずはバファリンとばかりに薬局で購入して服用しましたが、効果があったかな?と思ったものは服用してから3時間くらい後でした。 薬の効果があったのか、お腹にカイロを貼ったのが良かったのか分からなかったですが、副作用で胃がきりきりしたので効果はあったのだと思います。 頭痛がひどい時も服用しましたが、痛みも緩和はされましたが全くなくなるという感じではなかったです。 痛みをすぐ止めたいときに服用するというより、鈍痛や少し痛いかも?というときに服用するのがあっているのかな、という印象を受けました。
    続きを読む
    0
すべてのレビューを見る

関連する薬

女性保健薬命の母A《ボトル》 女性保健薬命の母A《ボトル》
更年期障害、更年期神経症、血の道症、のぼせ、生理不順、生理異常、生理痛、肩こり、冷え症、肌荒れ、めまい、耳鳴り、動悸、貧血、にきび、便秘、ヒステリー、帯下、産前産後、下腹腰痛、血圧異常、頭痛、頭重。
メモA メモA
市販薬 メモA
別名:
別名:
傷、すり傷、さし傷、かき傷、靴ずれ。 軽度のやけど。 創傷面の殺菌・消毒。
ズバリ(頭歯利) ズバリ(頭歯利)
頭痛・歯痛・神経痛・月経痛(生理痛)・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛。悪寒・発熱時の解熱。
ラフェルサEX ラフェルサEX
別名:
別名:
目の疲れ、結膜充血、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、眼病予防(水泳のあと、ほこりが目に入ったときや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感。
プレフェミン プレフェミン
別名:
別名:
月経前の次の諸症状(月経前症候群)の緩和:乳房のはり、頭痛、イライラ、怒りっぽい、気分変調。

タグ