処方薬

ビバンセの効果・副作用

効能・効果

脳内の神経伝達物質(ドパミン、ノルアドレナリン)を増やし、神経機能を活性化する働きがあります。 注意力不足や衝動的な落ち着きのなさなどの症状を改善するお薬です。

MEDLEY

副作用

頻脈、不眠、頭痛、めまい、食欲減退、悪心、腹痛、下痢、嘔吐、体重減少、発疹

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

通常、小児にはリスデキサンフェタミンメシル酸塩として30mgを1日1回朝経口投与する。症状により、1日70mgを超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日用量として20mgを超えない範囲で行うこと。

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 使用歴2ヶ月ほどです
    子供が使用していますさん
    コンサータより効き目が長くてコンサータよりもあっていると子供が言っています。食欲もコンサータのときより出てきて安心していますが、最近顔色が茶色っぽくなってきた気がして、少し不安です。 他の方のレビューも知りたいです。
    0
すべてのレビューを見る

関連する薬

コンサータ コンサータ
処方薬 コンサータ
主な適応: ADHDの薬 別名: メチルフェニデート
別名: メチルフェニデート
脳内の神経伝達物質(ドパミン、ノルアドレナリン)を増やし、神経機能を活性化する働きがあります。 注意力不足や衝動的な落ち着きのなさなどの症状を改善するお薬です。
ストラテラ ストラテラ
処方薬 ストラテラ
主な適応: ADHDの薬 別名: アトモキセチン塩酸塩
別名: アトモキセチン塩酸塩
脳内の神経伝達物質(ノルアドレナリン)を増やし、神経機能を活性化する働きがあります。 注意力不足や衝動的な落ち着きのなさなどの症状を改善するお薬です。
インチュニブ インチュニブ
主な適応: ADHDの薬 別名: グアンファシン塩酸塩
別名: グアンファシン塩酸塩
脳の神経を活発にする働きがあります。 注意力不足や衝動的な落ち着きのなさなどの症状を改善するお薬です。

タグ