処方薬

ゼルヤンツの効果・副作用

効能・効果

腸の炎症による腹痛、下痢、血便などの症状を改善するお薬です。 リウマチによる関節の炎症やはれ、こわばりなどの症状を改善するお薬です。 免疫に関与する細胞に働いて、炎症の原因となる物質の産生をおさえる働きがあります。

MEDLEY

副作用

鼻咽頭炎、頭痛、血中クレアチンホスホキナーゼ増加、咽頭炎、気管支炎、尿路感染、インフルエンザ、膀胱炎、副鼻腔炎、単純ヘルペス、蜂巣炎

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

〈関節リウマチ〉通常、トファシチニブとして1回5mgを1日2回経口投与する 〈潰瘍性大腸炎〉導入療法では、通常、成人にトファシチニブとして1回10mgを1日2回8週間経口投与する なお、効果不十分な場合はさらに8週間投与することができる 維持療法では、通常、成人にトファシチニブとして1回5mgを1日2回経口投与する なお、維持療法中に効果が減弱した患者では、1回10mgの1日2回投与に増量することができる また、過去の薬物治療において難治性の患者(TNF阻害剤無効例等)では、1回10mgを1日2回投与することができる

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 潰瘍性大腸炎の症状がアッサリ治まりました
    名無しさん
    潰瘍性大腸炎にかかりレミケードなどの点滴治療や白血球除去療法などでそれなりに社会復帰ができるようになりましたがこのゼルヤンツという新薬は効果や使いやすさが段違いです。 第一に点滴などを打つ必要はなくただ飲むだけで効きます。 第二に即効性が高く他の薬剤や療法は徐々に効果が効いてくるものが多いのに対してゼルヤンツという薬はすんなりと効果が発揮され、
    続きを読む
    具体的には血便が一切なくなり一日の便の回数も1、2回になり固形便ばかりになりました。 炎症反応もあっという間に正常値に戻りました。 但しこの薬も万能ではなく、私はなったことがないのですが体質によっては帯状疱疹が出たり、 また最近は感染症のリスクが上がっている可能性があるという指摘もあるようです。 ですが他のどの薬を使用しても潰瘍性大腸炎が良くならない場合はゼルヤンツを試してみるといいのではないでしょうか。
    1
すべてのレビューを見る

関連する薬

ボルタレン ボルタレン
処方薬 ボルタレン
主な適応: 関節リウマチの薬 別名: ジクロフェナクナトリウム
別名: ジクロフェナクナトリウム
痛みや炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 炎症による痛みやはれをやわらげ、熱を下げるお薬です。
ロルカム ロルカム
処方薬 ロルカム
別名: ロルノキシカム錠
別名: ロルノキシカム錠
痛みや炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 炎症による痛みやはれをやわらげるお薬です。
ケアラム ケアラム
処方薬 ケアラム
別名: イグラチモド
別名: イグラチモド
免疫機能の異常を調節し、関節の炎症やはれをやわらげる働きがあります。 リウマチによる関節の炎症やはれ、こわばりなどの症状を改善するお薬です。
セレコックス セレコックス
別名: セレコキシブ
別名: セレコキシブ
痛みや炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 炎症による痛みやはれをやわらげるお薬です。
アザルフィジンEN アザルフィジンEN
別名: サラゾスルファピリジン
別名: サラゾスルファピリジン
免疫機能の異常を調節し、関節の炎症やはれをやわらげる働きがあります。 リウマチによる関節の炎症やはれ、こわばりなどの症状を改善するお薬です。

タグ