処方薬

デュアック配合ゲルの効果・副作用

効能・効果

にきびを治療するお薬です。 抗菌作用や厚くなった角質層を改善する働きがあります。

MEDLEY

副作用

接触皮膚炎、皮膚炎、紅斑、皮膚剥脱、皮膚乾燥、湿疹、適用部位反応、適用部位疼痛、適用部位皮膚刺激、適用部位発赤、適用部位変色

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

1 日 1 回、洗顔後、患部に適量を塗布する。

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • この薬のおかげで、赤ニキビが治りました!
    名無しさん
    コロナの影響でマスク生活が当たり前になり、その為肌に負担がかかってしまい赤ニキビが大量に発生してしまいました。 市販薬のニキビ薬を塗っても全く治らず皮膚科に駆け込んだ所、紹介してもらったのがデュアックゲルでした。 始めは薬の効き目も強いこともあり、肌が真っ赤に腫れてしまったりヒリヒリが続いていましたが、肌が慣れてくるとだんだん赤ニキビが収まり、今は綺麗に治りました。 デュアックゲルはピーリング作用もあるので、ニキビ跡にも効果抜群でした。
    続きを読む
    注意点としては、長期で使用できないというだけです。 3か月程使用してそのあとは副作用が少ない薬に変更した方がいいとの事なので、赤ニキビが出来たらデュアックを使用して、治った後は違う薬を塗って肌の調子を整えています。 人によって合う合わないはありますが、私にとっては救世主のお薬です!
    36
  • にきび治療は保険が適用されます
    名無しさん
    仕事のストレスからか、20代半ばを過ぎてもにきびが収まらず、 アトピーの症状で長年お世話になっていた皮膚科で相談し、処方して頂きました。 洗顔後に塗布するのですが、念には念を、指ではなく綿棒にとって
    続きを読む
    こすらずのせるイメージで塗布していました。 髪の毛や服に付くと脱色の原因になるとの注意書きがあったので 寝る際には枕に白いタオルを敷き、髪も束ねて眠っていました。 肝心の効き目ですが、、 即効性は見られませんでした。 塗り始めてから洗顔や枕にタオルを敷いたり等気を遣う様になった事も起因して 徐々に徐々に、といった具合で収まっていきました。 しかし、あまりににきびが酷かったのか跡が残ってしまい、 にきびが治ったあともしばらくデュアックゲルを塗り続けていましたがニキビ跡には効果はなかったです。 インターネットで色々と調べてみましたが、にきび治療では、 保険の適用になるのはにきびを治す所までの様です。 ニキビ跡の治療には保険適用外の美容皮膚科等に通うしかないみたいですね、、、
    34
  • 使い始めのヒリヒリを我慢すれば効果を実感できます
    名無しさん
    ニキビ治療薬で処方されました。 効果は抜群です。 肌のターンオーバーを促進するので、使い始めは肌が乾燥気味になるのが特徴です。
    続きを読む
    私は敏感肌のため、皮膚が赤くなる、少し腫れぼったくなる、皮膚がカサつく等の症状が数日続きました。 非常にヒリヒリして痛いので、日中も化粧水やクリームを持ち歩いてました。 夜の寝る前に肌全体に塗布しますが、本当に乾燥するので、十分すぎる保湿をすることをおすすめします。 塗布を始めて約1週間が経過すると、肌荒れは劇的に改善されます。 また、継続することで肌荒れの予防になるので、効果を実感できます。 この時期は、マスク蒸れや毛穴のつまりなどでニキビに悩まれる方も多いと思いますが、皮膚科を受診して薬を処方してもらうことが肌悩み解決の一番の近道です。
    31
すべてのレビューを見る

関連する薬

ディフェリン ディフェリン
別名: アダパレン
別名: アダパレン
にきびを治療するお薬です。 皮膚の角化をおさえ、毛穴がふさがるのを防ぐ働きがあります。
ゼビアックス ゼビアックス
主な適応: にきびの薬 別名: オゼノキサシン
別名: オゼノキサシン
皮膚の患部の細菌を殺し、炎症をおさえる働きがあります。 にきびや毛穴の化膿を治療するお薬です。
ベピオゲル ベピオゲル
処方薬 ベピオゲル
別名: 過酸化ベンゾイルゲル
別名: 過酸化ベンゾイルゲル
にきびを治療するお薬です。 抗菌作用や厚くなった角質層を改善する働きがあります。
オロナインH軟膏 オロナインH軟膏
別名:
別名:
にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも。

タグ