処方薬

ゼビアックスの効果・副作用

効能・効果

皮膚の患部の細菌を殺し、炎症をおさえる働きがあります。 にきびや毛穴の化膿を治療するお薬です。

MEDLEY

副作用

膚乾燥、皮膚刺激感、鱗屑、落屑、紅斑、皮膚そう痒、皮膚ほてり、乾皮症、血中ビリルビン増加、皮膚違和感、AST増加

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

本剤の適量を1日1回、患部に塗布する。なお、ざ瘡に対しては洗顔後、患部に塗布する。

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • しっかり付ければ効果出ます。
    名無しさん
    皮膚科でのニキビ治療で処方されるローションです。 細菌の感染を抑える、つまりニキビを抑える塗り薬となっています。 1日1回、洗顔後、保湿が終わった後に使います。 顔全体に塗るものではなく、赤ニキビにピンポイントに塗ります。
    続きを読む
    塗ることでピリピリするといった副作用はありませんでした。 薄く塗るというよりは、赤ニキビに対してたっぷり塗ることで高い効果が出ると感じています。 実際、赤ニキビに被せるようにしっかり塗り、寝て起きたらすっかり赤みが引いてニキビが落ち着いている、ということが多いです。 最近は使わない日もあるほどニキビが落ち着きました。 ただし、この塗り薬だけでニキビが改善したとは思っていません。 ビタミン剤の併用や、規則正しい生活を心がけた上で使うとさらに効果が増すと思います。 確実に効果はあるのでおすすめです。
    8
  • にきび
    まるこさん
    化膿はせず、徐々にですが赤みも取れ、小さくなってきます。 ただ、即効性はあまり感じられなかったです。 1ヶ月、使い切って効果が感じられました。
    1
すべてのレビューを見る

関連する薬

ベーラコタローN ベーラコタローN
別名:
別名:
にきび。
コッコアポプラスA錠 コッコアポプラスA錠
体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧に伴う動悸・高血圧に伴う肩こり・高血圧に伴うのぼせ・高血圧に伴うむくみ・高血圧に伴う便秘や肥満に伴う動悸・肥満に伴う肩こり・肥満に伴うのぼせ・肥満に伴うむくみ・肥満に伴う便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症。
ピンプリットN ピンプリットN
別名:
別名:
にきび。
JPS防風通聖散料エキス錠N JPS防風通聖散料エキス錠N
体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧に伴う動悸・高血圧に伴う肩こり・高血圧に伴うのぼせ・高血圧に伴うむくみ・高血圧に伴う便秘や肥満に伴う動悸・肥満に伴う肩こり・肥満に伴うのぼせ・肥満に伴うむくみ・肥満に伴う便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症。
ビフナイトn ビフナイトn
別名:
別名:
にきび。

タグ