処方薬

クロミッドの効果・副作用

効能・効果

脳に働いて、正常な排卵を誘発する働きがあります。 不妊症を治療するお薬です。

MEDLEY

副作用

霧視、視覚症状、頭痛、情動不安、悪心、嘔吐、食欲不振、顔面潮紅、尿量増加、口渇、疲労感

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

無排卵症の患者に対して本剤により排卵誘発を試みる場合には、まずGestagen、Estrogen testを必ず行って、消退性出血の出現を確認し、子宮性無月経を除外した後、経口投与を開始する 第1クール1日クロミフェンクエン酸塩として50mg5日間で開始し、第1クールで無効の場合は1日100mg5日間に増量する 用量・期間は1日100mg5日間を限度とする

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 軽い排卵障害なら効果有り
    名無しさん
    不妊治療のため専門のクリニックに通い、排卵誘発の為に処方してもらいました。 毎回生理開始3日目から5日間、一錠を服用しました。 特に味もなく小さな錠剤なので、飲むのに苦労はしないと思います。
    続きを読む
    副作用として、少し吐き気やだるさが出ることがありましたが、我慢できないほどではありませんでした。 私は軽度の排卵障害で、排卵の周期が40日程度かかっていましたが、これを飲んで改善できました。 ただ、時々卵胞の育ちが悪く、一回二錠の服用を指示されたこともありました。 軽度の排卵障害の方で、多少の副作用は我慢できるなら、いい薬だと思います。 希望していた妊娠も、比較的早く叶ったので、今はとても幸せです。 次の子どもを希望する時が来たらまたお世話になりたいです。
    3
  • 効き目は人それぞれな薬です
    名無しさん
    不妊治療で卵子をたくさん育てるために服用しました。 私の体質にはクロミッドが合っていたので1週間と数日の間に1日半錠飲むと、その月は卵子が5個から9個ほど育ちました。 クロミッドの副作用で毎月飲み続けると子宮内膜が薄くなってしまう副作用があるみたいですが私の場合は副作用も出ることが無く体に合った薬でした。 不妊治療だと毎日注射をして卵胞を育てる方法もありますが、クロミッドがよく効いてくれたので注射もしなくて良いので助かっています。
    続きを読む
    不妊治療なので自費になるから薬の値段は高いですが、クロミッドだけで収まっているのでよかったです。 人それぞれの効き目がある薬なのでクロミッドでは卵子がうまく育たない人もいたりします。
    2
  • 一錠では効かない人も
    名無しさん
    元々多嚢胞性卵巣症候群で排卵障害があり、不妊治療のために飲み始めました。 治療のために途中で病院を変えて2件かかったのですが、どちらでも第一選択として使用されていました。 説明には副作用で卵巣が腫れることがあると怖いことを書かれていますが、少量ずつ調節して飲めば基本的にはそんなことはなかなかないようです。 私は1錠では排卵しなく、2錠で効果がありました。
    続きを読む
    初めは薬の量が調節できるまでなかなかうまくいかないかもしれませんが気長に頑張ってください。 添付文書には目のかすみや吐き気、頭痛などの副作用が書かれてていますが私はそのような副作用は特になかったです。 ただし、ホルモンバランスを調節する薬のためかすごく便秘になりました。 あとニキビもできました。
    1
すべてのレビューを見る

関連する薬

タグ