処方薬

リスパダールの効果・副作用

効能・効果

強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 不安や緊張などの精神の不安定な状態をおさえる働きがあります。

MEDLEY

副作用

食欲不振、悪心、嘔吐、便秘、口渇、倦怠感、振戦、傾眠、不眠症、不安、アカシジア

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

【統合失調症】 通常、成人にはリスペリドンとして1回1mg 1日2回より開始し、徐々に増量する。維持量は通常1日2~6mgを原則として1日2回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。但し、1日量は12mgを超えないこと。 【小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性】 1 体重15kg以上20kg未満の患者 通常、リスペリドンとして1日1回0.25mgより開始し、4日目より1日0.5mgを1日2回に分けて経口投与する。症状により適宜増減するが、増量する場合は1週間以上の間隔をあけて1日量として0.25mgずつ増量する。但し、1日量は1mgを超えないこと。 2 体重20kg以上の患者 通常、リスペリドンとして1日1回0.5mgより開始し、4日目より1日1mgを1日2回に分けて経口投与する。症状により適宜増減するが、増量する場合は1週間以上の間隔をあけて1日量として0.5mgずつ増量する。但し、1日量は、体重20kg以上45kg未満の場合は2.5mg、45kg以上の場合は3mgを超えないこと。

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • とんぷく用にはぴったり
    名無しさん
    じぶんは現在でありますが34歳の男性会社員をおこなっております。 じぶんは過去の職場で発生をした出来事を現在でも思い出すことがあります。 一言で言えば、恨みをもっている人がいて、その人のせいで会社を休職をしたことなどもありました。 現在では別の職場に勤務をしており、その人と顔を合わせることなどもないのですが、それでも過去のことを思い出して、怒りがこみ上げてしまい職場で情緒が不安定になってしまうことなどもあります。
    続きを読む
    その怒りをおさえる薬がこちらのリスパダ-ルとなっております。 確かに興奮などは無くなりますが、同時に副作用で眠気などにも襲われることがあるので、仕事中にはつかうことができず、本当に緊急事態用にとんぷくとして服用をおこなうようにしております。
    7
  • イライラはしなくなったが、頭がぼーっとして、体調が悪くなりました
    名無しさん
    うつ病でゲームもあまり楽しくなくて、イライラしてしまっていたので処方してもらいました。 効き目はあるにはあります。 ただ、イライラしなくなったと言うより、ぼーっとして感情が希薄になったと言うような感覚でした。 また、副作用として、同期や頭痛、気分の悪さがあったため、3回ほど使用して、使うのをやめました。
    続きを読む
    頭がぼーっとしてしまうのは副作用と言うより、薬本来の効果だと思います。 ですので、運転や仕事でイライラする場合には使わない方がいいかもしれません。 逆に自宅などで危険がない場合にはいいかもしれません。 効果が実感出来るのは30分後ほどだと思います。 他の似た効果の薬を飲んでいないのでなんとも分かりませんが、イライラしていたことをそもそも忘れてしまうぐらいの時間があるように感じました。 そのため、何をしてもイライラが治まらないと言うような症状の人にはおすすめしますが、一時的なイライラに関しては、薬に頼らない方法も検討してもいいかもしれません。
    6
  • 気持ち的には楽になりいい意味で鈍感になります。仕事はミスに注意したほうがいいです。体重増加します。
    名無しさん
    仕事のあることがきっかけで心身を病み心療内科に通って処方された薬です。 薬を飲む前は不安に伴い体も動かないという感じから服用し始めてあまり深く不安に感じることがなくなりました。 飲んだときはわりとすぐいい意味で心が鈍感になり平和な気持ちで過ごせたと思います。 まるで自分ではないようなおだやかな感じでした。
    続きを読む
    ただちょっとボーッとしたり鈍感になったり物忘れ(言葉や名前)があったりするので仕事の際には服用を控え注意を払っていました。 飲み始めてからは体調も改善され食欲増加したこともあったのか分かりませんが体重は10キロ増えました。 実際そのような作用はあるようです。 病院では私の症状がどういう病名かの診断はされませんでしたがただ不安症状が多いということは聞きました。 そういったことや大きくは統合失調症に処方される薬のようです。 こういった薬を飲んだのは初めてだったので不安もあり、病状もあってか病院のことも信用できなかったので続けて服用することを自己判断でやめています。 私の場合は気持ちの強さが戻ったので今は普通の生活が遅れていますが、それまでへし折れていた心身をこの薬に一時的に助けてもらったという感じです。
    6
すべてのレビューを見る

関連する薬

リスパダール内用液 リスパダール内用液
主な適応: 統合失調症の薬 別名: リスペリドン液
別名: リスペリドン液
強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 不安や緊張などの精神の不安定な状態をおさえる働きがあります。 イライラしたり、かっとなりやすい症状を改善する働きがあります。 イライラしたり、かっとなりやすい症状を改善するお薬です。
ウインタミン細粒 ウインタミン細粒
主な適応: 嘔吐の薬 別名: クロルプロマジンフェノールフタリン酸塩
別名: クロルプロマジンフェノールフタリン酸塩
吐き気やしゃっくりを止めたり、また、痛み止めや寝つきをよくする薬の効果を高めるお薬です。 不安感やイライラする症状などを改善するお薬です。 脳内の神経伝達物質(ドパミンなど)の産生や放出を調整し、不安や緊張をやわらげる働きがあります。
ドグマチール ドグマチール
主な適応: 胃潰瘍の薬 別名: スルピリド
別名: スルピリド
胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを治療するお薬です。 胃腸の血液の流れを増やし、粘膜を修復するとともに胃腸の運動をよくする働きがあります。 強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 不安や緊張などの精神の不安定な状態をおさえる働きがあります。
セロクエル セロクエル
処方薬 セロクエル
主な適応: 不安・緊張の薬 別名: クエチアピンフマル酸塩
別名: クエチアピンフマル酸塩
強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 不安や緊張などの精神の不安定な状態をおさえる働きがあります。
レキサルティ レキサルティ
別名: ブレクスピプラゾール錠
別名: ブレクスピプラゾール錠
強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 不安や緊張などの精神の不安定な状態をおさえる働きがあります。

タグ