市販薬

アレグラFXの効果・副作用

効能・効果

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ、鼻みず、鼻づまり。

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

成人(15歳以上)、1回1錠、1日2回朝夕に服用してください。成人(15歳以上):1回1錠。1日2回朝夕服用。15歳未満:服用しないこと。<用法・用量に関連する注意>1.定められた用法・用量を厳守してください。2.花粉などの季節性のアレルギー性鼻炎症状に使用する場合は、花粉飛散予測日から、又は、症状が出始めたら早めに服用を始めると効果的です。3.継続して服用することで効果が得られます。4.1週間服用しても症状の改善がみられない場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。また、症状の改善がみられても2週間を超えて服用する場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。5.錠剤の取り出し方錠剤の入っているシートの凸部を指先で強く押して裏面の膜を破り、錠剤を取り出して服用してください。(誤ってシートのままのみこんだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 即効性あり!眠くなりにくいから安心です。
    名無しさん
    花粉症がひどく、春になると鼻水が止まらないような状況だったのですが、 子育て中でなかなか耳鼻科を受診することができずにいました。 そんな時に試してみたのがアレグラFXです。
    続きを読む
    アレグラFXは、鼻にはしっかり効いて脳には入りにくい第二世代の抗ヒスタミン薬のため、 眠くなりにくく集中力が低下することもありません。 かなり辛い鼻炎症状が出てしまった時にも、アレグラFXを服用すれば数時間で 症状が楽になるので、毎年花粉症の季節には重宝しています。 また、朝と夜に服用していれば、その期間はまったく鼻水が出ません。 なるべく長期服用は避けたほうがよいと思いますが、つらい花粉症の症状を治したいという方におすすめしたい商品です。
    2
  • アレグラは確かな効き目を感じます
    名無しさん
    春の杉花粉でくしゃみ鼻水目のかゆみに悩み市販薬アレグラを購入しました。 以前花粉症で受診した病院で処方された薬もアレグラで効き目があったので市販薬でも迷いはなかったです。 アレグラの良いところは効き目があること。 飲んですぐ効果は期待できないけれど30分程度でわたしの場合は効果を感じますし、1日2錠とあっても飲むタイミングや花粉の飛散量によって1日1錠でも問題ありませんでした。
    続きを読む
    また、仕事中眠くなることもなかったです。 他の薬より喉や口の中の乾きが気にならなくて使いやすいです。 横になったときの鼻づまりもアレグラを飲んだ日は凄くラク。 花粉が飛散する時期は鼻づまりで睡眠が足りなくなるのでアレグラは必需品なのです。
    1
  • アレルギー症状に絶大な効果
    名無しさん
    花粉やアレルギー性鼻炎に悩んでいました。 突然症状が出て突然治ることが多いため、耳鼻科に行くタイミングが難しく通院する程でもありませんでした。 しかし1度鼻水やくしゃみが出始めるとかなり辛い症状です。 何に反応するかが読めないので事前に飲む事も難しかったです。
    続きを読む
    特に雨上がりは花粉が舞うため酷かったです。 鼻水に効く薬は大体のものが眠くなりやすいので避けていました。 こちらのアレグラは効き目が早く、最短で1〜2時間後には治っている事が多いです。 朝起きた時に鼻がムズムズする日はその時に飲んでおくと、1日快適に過ごす事が出来るのでとても助かります。 眠くなりにくい成分なのも、ありがたいです。 早く出会いたかった市販薬でおすすめです。
    1
すべてのレビューを見る

関連する薬

エスタックイブ エスタックイブ
別名:
別名:
かぜの諸症状(のどの痛み、悪寒、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、発熱、頭痛、せき、たん、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和。
パブロン点鼻 パブロン点鼻
別名:
別名:
急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:鼻みず(鼻汁過多)、鼻づまり、くしゃみ、頭重。
新ベサエース小児用 新ベサエース小児用
かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和。
神農ラベリン錠剤A 神農ラベリン錠剤A
かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和。
小青竜湯エキス顆粒「創至聖」 小青竜湯エキス顆粒「創至聖」
体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症。

タグ