処方薬

アムロジンの効果・副作用

効能・効果

血管や心臓の筋肉を収縮させるカルシウムの働きをおさえ、血管をひろげる働きがあります。 血圧を下げるお薬です。 胸の圧迫感や胸痛といった狭心症などの発作を予防またはやわらげるお薬です。

MEDLEY

副作用

AST上昇、ALT上昇、めまい、Al-P上昇、LDH上昇、浮腫、ほてり、熱感、顔面潮紅、動悸、血圧低下

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

〈錠2.5mg、錠5mg、OD錠2.5mg、OD錠5mg〉 高血圧症 通常、成人にはアムロジピンとして2.5~5mgを1日1回経口投与する。 なお、症状に応じ適宜増減するが、効果不十分な場合には1日1回10mgまで増量することができる。 通常、6歳以上の小児には、アムロジピンとして2.5mgを1日1回経口投与する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。 狭心症 通常、成人にはアムロジピンとして5mgを1日1回経口投与する。 なお、症状に応じ適宜増減する。 〈錠10mg、OD錠10mg〉 高血圧症 通常、成人にはアムロジピンとして2.5~5mgを1日1回経口投与する。 なお、症状に応じ適宜増減するが、効果不十分な場合には1日1回10mgまで増量することができる。 狭心症 通常、成人にはアムロジピンとして5mgを1日1回経口投与する。 なお、症状に応じ適宜増減する。

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 1日1回飲めば一日中聞いている薬で、規格も複数あり降圧作用も良いと思います。
    名無しさん
    高血圧で悩んでいる方は多いと思います。 また薬に頼らないで血圧を下げたいと思う方も多いと思います。 しかし、血圧が高いと 心臓や脳血管に悪影響を与えるので、薬を飲んでコントロールする必要もあると言われています。
    続きを読む
    アムロジピンは3種類の規格の錠剤があり、 自分の状況で先生から処方していただけます。 また、血圧の薬は飲み始めると一生止められないなどと言う人もいますが、嘘です。 私は2.5mgから始めて、もう少し血圧を下げたいとの理由で5mgのんでいてコントロールできています。 先生から夏など暑い時期は血圧によって半錠にしても良いと言われています。 グレープフルーツジュースには注意が必要ですが副作用もなく血圧コントロールできる薬です。
    2
  • 穏やかなだが確実な効き目
    名無しさん
    高血圧症の治療薬として処方されました。 朝の血圧が140~150と高い為、処方されました。 効き目は穏やかですが、確実に血圧は5~10程度下がるように感じます。 継続的に飲んでいます。
    続きを読む
    副作用としては、立ち眩みが出る事がありました。 副反応が出ていた段階で服用していた量は10mgでした。 頻繁に立ち眩みが出るようになった為に、くすりの量を5mgに下げました。 その結果、立ち眩みは生じなくなり、血圧は130程度に落ち着きました。 医師はもう少し下げたい様でしたが、立ち眩みが嫌なので、今は5mgで落ち着いています。 内蔵機能を落ち着かせて無理をさせないようにするためには、もう少し下げた方が良いといわれましたが、妥協点で服用しております。
    2
  • アムロジピン5ミリグラム
    ヒロさん
    数年間ザクラスを主治医から投与さろてたが、最近薬効かず血圧上昇(TOT)アムロジピン5ミリグラムを進めされて飲むと異常に血圧低下😁飲み始めてから血圧安定してるけど、効果てきめんやし副作用が怖い!アムロジピン5ミリグラムはマジで即効性あるけど、それだけ強い薬と思う
    0
すべてのレビューを見る

関連する薬

アダラート アダラート
処方薬 アダラート
主な適応: 高血圧の薬 別名: ニフェジピン
別名: ニフェジピン
血管や心臓の筋肉を収縮させるカルシウムの働きをおさえ、血管をひろげる働きがあります。 血圧を下げるお薬です。 胸の圧迫感や胸痛といった狭心症などの発作を予防またはやわらげるお薬です。
アダラートCR アダラートCR
別名: ニフェジピン
別名: ニフェジピン
血管や心臓の筋肉を収縮させるカルシウムの働きをおさえ、血管をひろげる働きがあります。 血圧を下げるお薬です。 胸の圧迫感や胸痛といった狭心症などの発作を予防またはやわらげるお薬です。
クラシエ七物降下湯エキス錠 クラシエ七物降下湯エキス錠
体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの次の諸症:高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重)。
ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒 ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒
体力中等度で、慢性に経過する頭痛、めまい、肩こりなどがあるものの次の諸症:慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるもの。
JPS漢方顆粒-67号 JPS漢方顆粒-67号
体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの次の諸症:高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重)。

タグ