処方薬

オルメテックの効果・副作用

効能・効果

血圧を下げるお薬です。 血圧を上げる物質(アンジオテンシンⅡ)の働きをおさえます。

MEDLEY

副作用

AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇、そう痒、下痢、過敏症、発疹、貧血、血小板数減少、眩暈、立ちくらみ

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

通常、成人にはオルメサルタン メドキソミルとして10~20mgを1日1回経口投与する。なお、1日5~10mgから投与を開始し、年齢、症状により適宜増減するが、1日最大投与量は40mgまでとする。

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 昔から悩まされていた血圧が下がりました!
    名無しさん
    社会人になった頃から定期検診のたびに引っかかっていた高血圧。 私自身極度の緊張症で、恐らく緊張しすぎて血圧が上がっているものと思っていました。 しかし、父も母も高血圧持ちだし、父に至っては若い頃からの高血圧が原因で亡くなったようなものだし、あまりにも毎年検診で引っかかっているし、上が200を超えることなんてざらにあり、家でのけつあつも150を超えることが多くなり、飲み始めた薬です。 毎日朝食後に飲んでおり、飲み始めて2ヶ月目に入りますが120から130と今ではすごく血圧が安定しています。
    続きを読む
    飲み始める前が嘘みたいに、病院で測定してもらっても緊張関係なく128だったことはすごく感動しました。 私にはすごく合っている薬なんだと思います。
    0
  • 穏やかに降圧作用で、正常値まで降圧効果の強いお薬で非常に安全性が高いお薬です。
    名無しさん
    お薬を服用する前は血圧値が150前後もありました。 オルメテック10mg錠朝1錠服用しだして、特にめまい、ふらつき等の副作用もなく お薬服用してから約2週間ぐらいたってから、しっかりと血圧値120/84まで下がりました。 このお薬服用してから約20年近くたちますが、
    続きを読む
    特に気になる症状もなく、しっかりと降圧効果があり20年も血圧値120から130台と変動もなく長期間持続した降圧効果のある薬剤です。 最近このお薬のジェネリック薬品が発売したが、オルメッテクは先発品ですが、ジェネリック品とのお値段の 差があまりないお薬で、財布に優しいお薬です。 是非、これから血圧の高い人がこのお薬を初めて服用するのには最適なお薬で安心して服用できますから、オルメテック10mg錠を処方されるときに先生に一言お話をするようにしてみてはいかかでしょうか。
    0
すべてのレビューを見る

関連する薬

ミカムロ配合錠 ミカムロ配合錠
主な適応: 高血圧の薬 別名: テルミサルタン・アムロジピンベシル酸塩配合剤錠
別名: テルミサルタン・アムロジピンベシル酸塩配合剤錠
血圧を下げるお薬です。 血圧を上げる物質(アンジオテンシンⅡ)の働きをおさえるとともに、血管や心臓の筋肉を収縮させるカルシウムの働きをおさえて血管をひろげる働きがあります。
セロケン セロケン
処方薬 セロケン
主な適応: 高血圧の薬 別名: ロプレソール
別名: ロプレソール
心臓の収縮をゆっくりさせて、血圧を下げる働きがあります。 血圧を下げるお薬です。 脈の乱れ(不整脈)を整えるお薬です。 心臓の負担を少なくし、心拍数を下げる働きがあります。 心臓の異常な興奮をしずめて、脈の乱れを整える働きがあります。 胸の圧迫感や胸痛といった狭心症などの発作を予防またはやわらげるお薬です。
レザルタス配合錠 レザルタス配合錠
別名: オルメサルタンメドキソミル・アゼルニジピン配合剤錠
別名: オルメサルタンメドキソミル・アゼルニジピン配合剤錠
血圧を下げるお薬です。 血圧を上げる物質(アンジオテンシンⅡ)の働きをおさえるとともに、心臓の収縮をゆっくりさせて血圧を下げる働きがあります。
アルドメット アルドメット
別名: メチルドパ水和物
別名: メチルドパ水和物
血圧を下げるお薬です。 血管を収縮する神経の緊張をおさえ、血管をひろげる働きがあります。
インデラル インデラル
処方薬 インデラル
別名: プロプラノロール塩酸塩
別名: プロプラノロール塩酸塩
血圧を下げるお薬です。 脈の乱れ(不整脈)を整えるお薬です。 心臓に働いて血液の拍出量を減らし、血圧を下げ、心臓の負担を少なくする働きがあります。 片頭痛の発症を防ぐお薬です。 胸の圧迫感や胸痛といった狭心症などの発作を予防またはやわらげるお薬です。 酸素不足による発作が起こるのを防ぐお薬です。

タグ