気になる症状をいつでも相談できる、患者同士のSNS「ビョウシル」をはじめました!
利用はこちら
処方薬

アンテベートのレビュー(口コミ・体験談)

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門家の指示に従ってください。

この薬のレビューを投稿しませんか?
あなたの評価やレビューが、他の薬を服用した人の助けになります。

※ レビュー投稿に会員登録は不要です。

  • 3日ほどの使用で使用箇所の湿疹、肌荒れが出ました。
    名無しさん
    アンテベートローションは白斑を治したいがために処方してもらった薬です。 顔や体全身に使用が可能と聞きました。 もちろん、目に入ることは避けるべきです。 白色で水っぽ過ぎないので手に取りやすいです。
    続きを読む
    匂いも特に感じず顔にぬる方も気にならないと思います。 しかし、伸びがあまり良くないため1回の使用量が多くなるのが難点です。 白斑の大きさにもよるかと思いますが処方される量は非常に多くなると思います。 また、3日ほど使用していると自分は肌荒れと湿疹ができてしまいました。 またニキビのようなものも首回りと顔に複数個所出てきたので使用をやめました。 現在は使用をやめてから2日ですが肌荒れはまだひいてません。 私には合わなかったと感じました。
    3
  • コロナ禍のいま、こじれた手荒れの即効薬です
    名無しさん
    コロナ禍で手洗いを頻繁にするようになったため、両手の甲に生まれてはじめて大量の手湿疹ができ処方してもらいました。 手荒れのケアを日ごろから欠かさない女性なら、手荒れや手湿疹をこじらせることはないのでしょうが、私のように日ごろは水仕事をほとんどしない男性にとって、コロナ禍で頻繁な手洗いを余儀なくされ、初めての手荒れ、手湿疹に対して対応がわからず、こじらせてしまう男性は昨今増えているのではないでしょうか。 皮膚炎はとにかく、効果のある薬を塗布するか服用するかしかないと思います。 そのためにとにかく素人判断せず、皮膚科に行って適切な薬を処方するしかありません。
    続きを読む
    薬が適切でないと、絶対に治らずこじらせるだけです。 アンテベートは一日一回、寝る前に両手の甲に少量を、うすくまんべんなく塗布するようにしましたが、即効性が絶大で、数日塗り続けていれば確実に症状が改善されてきます。 また、副作用のようなものもなく、おだやかに確実に効いてくる、といった感じです。
    2
  • 頭のかゆみ用に使っています
    motoyaanさん
    ローションタイプを使っています。 ただ、少し効果が出づらいため、強い薬に変えてもらいたいと考えています。
    1
  • 痒みへの効果はそこそこ
    名無しさん
    この薬を定期的に塗っているのですが、寝れないほどの強いかゆみにはあまり効果が感じられませんでした。 これを塗っていても、夜中に強いかゆみで起きてしまうことがあります。 しかし、この薬をぬっていると痒みが発生している、赤く腫れた部位の腫れが引くのが早い気がします。
    続きを読む
    なので、全く効果がないわけではなく、炎症を少し抑えるのに役立っているのだと思います。 メリットには、ローションタイプなので頭皮などのベタベタしたクリームが使いづらい部位でも、使い心地がよいことが挙げられます。 デメリットとしては、塗る量がわかりづらいことです。 炎症部位に、容器からそのまま出してしまうと、出すぎたり、出なさすぎたりしてしまい、量の調整がしづらいです。 なので、一度手に出してから指で塗っています。
    1
  • 皮膚の炎症や荒れには良いですが、長期は不向きです
    名無しさん
    塗り薬です。 季節の変わり目肌荒れ、アトピーがひどく皮膚科を受診したところ、こちらの薬と、ヒルドイドを処方してもらいました。 1日3回荒れてるところ全体にヒルドイドをぬって、その上からこちらの薬を塗るように言われました。
    続きを読む
    塗り心地はベタベタすることもなく、塗った後痒くなることはありません。 塗り始めて3日程度で綺麗に治りました。 薬自体は成分が強く、ステロイドも入っていますので、ぬり続けると患部が黒ずんでしまうことがあるみたいなので、顔にぬることは、おすすめしません。 また、治ってからも調子が良いからといってぬり続けるのではなく、ヒルドイドのみにした方が皮膚のためにも良いかと思います。 本当に調子の悪い時のみ使用するようにしています。
    1
  • 謎の湿疹の痒みがすぐ治まりました
    名無しさん
    年に1度、春先くらいから夏にかけて、原因不明の湿疹が手の甲や足首に出て、痒みが酷く皮膚科で処方してもらいました。 アレルギー反応なのかは不明ですが、この軟膏は塗ってしばらくすると痒みが治まり、湿疹自体も一週間でひいていきました。
    続きを読む
    ベタつきがありますが、とても良く効くので、同じ湿疹が出るたびに処方してもらっています。 チューブで使いやすいですし、携帯できるので便利です。 臭いは少しだけ、軟膏独特の臭いはしますが、移り香などにはなりません。ベタつきがあるのが不快感に感じるかもしれませんし、取れやすいので、服についたり、濡れたりした場合は落ちてしまうというのが注意点です。 湿疹だけでなく、普通の痒みにも効き目はありそうですが、皮膚の薄いところや顔には使う事は避けた方が良いと思います。 私は敏感肌ですが、手の甲と足首、腕、モモに使っていますが、副作用の肌トラブルもありません。
    1
  • 痒いところに塗って、痒み軽減
    名無しさん
    痒みや炎症を抑えてくれる塗り薬です。 虫刺されで痒くなってしまった箇所と、帝王切開の傷跡が腫れて痒くなってしまった際に処方してもらいました。 適量を指につけて、伸ばして塗ってました。
    続きを読む
    一時的に痒みが引くのと、赤く腫れた箇所の炎症を抑えてくれます。 1日に数回、塗ることで効果をより実感することができましたが、完全に炎症を抑えることはできませんでした。 特に、虫に刺された箇所に関してはほぼ効果を実感することができませんでした。 帝王切開の傷痕に関しては、痒みはほとんど感じなくなり、腫れも以前に比べると引いてきたように感じます。 もともと、手荒れ等でも軟膏を処方してもらうことが多かったこともあり、薬の効果を実感しにくかったのかもしれません。 ただ、自分の好きなタイミングで濡れることや、常温で使用できること、サイズがコンパクトということもあり、使い勝手が良かったです。
    1
  • 妊娠中服用。効果なし
    名無しさん
    妊娠中に手の湿疹が出て、痒くて眠れないほどでした。 皮膚科で処方されました。 ステロイドですが妊娠中でも大丈夫とゆうことでした。 塗ったところ、痒みは改善されませんでした。
    続きを読む
    少しベトベトします。 何日か塗っていましたが、ほとんど効果なしでした。 手の湿疹も変わらずでした。 むしろ痒くて掻いてしまったことにより水疱のようになり悪化しました。 相変わらず夜眠れない痒さなので塗るのを辞め、保冷剤で冷やすのが一番痒みが収まりました。 ステロイドのようなので長期服用もしたくなかったので効果なしと感じたところで全く塗っていません。 手の仕事の原因がなんだったのか不明ですがこの薬は私には合っていなかったのだと思います。 残念でした。
    0
  • 白髪染めのかぶれが一気に改善されました。
    名無しさん
    もともと脂漏性湿疹気味で頭皮がかぶれていたのですが、白髪が気になりカラーリングをしたところ、頭皮がチリチリかゆくなってふけの様な白いものが出できてしまいました。 夜中にかゆくて何度も目が覚めてしまい、どんなに頭皮にやさしいシャンプーを使っても一向に良くならず近くの皮膚科を受診しました。 顔のほうまで赤くなってきてしまいかなりつらい状態でした。
    続きを読む
    アンテベートローションをまずは2日に1本集中的に使用してそのあとは1日1本3日に1本と減らしている使用方法でしたが3日目あたりから劇的によくなってきてかゆみも赤みも腫れもチリチリした感じも全くなくなりました。 今は頭皮がすっかり戻りカラーリングをしてもかぶれることはなくなりました。
    0
  • 効きすぎて逆に怖くもあります。
    名無しさん
    アンテベート軟膏は、湿疹・皮膚炎で処方されるステロイド剤です。 ステロイドを含むため、効果が強い反面副作用も強く、毛細血管拡張や皮膚の萎縮、皮膚の乾燥をはじめ、免疫抑制による使用上の注意事項が多い軟膏です。 自分は、家事の水仕事による手荒れやゴム手袋によるかぶれが酷く、数か月間治らなかった時に皮膚科を受診して処方されました。
    続きを読む
    それより以前に、抗リウマチ薬の副作用による痒みを疑い、別の軟膏を処方されていましたが効かず、赤くただれて悩んでいましたが、塗布後数日で改善するほど効果がありました。 アンテベート軟膏の薬としての強度は、5段階中上から2番目の強い物で、長期間使用するようなものではありません。 また、この薬の強さを必要とする皮膚の炎症は、もっと別の理由が潜んでいると疑ったほうが良いです。 自分の場合、帯状疱疹の走りの状態で、まだ痛みが出ない痒みだけの症状の時で、発疹の帯が目につかない所にドーッと出ていたことを、数か月のちに気が付きました。 帯状疱疹が治った後の手荒れは、弱い薬効の軟膏で十分効いています。
    0

この薬のレビューを投稿しませんか?
あなたの評価やレビューが、他の薬を服用した人の助けになります。

※ レビュー投稿に会員登録は不要です。

関連する薬

テラ・コートリル テラ・コートリル
別名: オキシテトラサイクリン塩酸塩
別名: オキシテトラサイクリン塩酸塩
湿疹やじんま疹、皮膚炎などを治療するお薬です。 炎症をおさえるステロイド剤と、細菌を殺す抗生物質が配合されています。皮膚のかゆみ、赤み、はれなどをおさえる働きがあります。 歯周炎、口内炎や舌炎を治療するお薬です。
メサデルム メサデルム
処方薬 メサデルム
別名: デキサメタゾンプロピオン酸エステル
別名: デキサメタゾンプロピオン酸エステル
湿疹やじんま疹、皮膚炎などを治療するお薬です。 ステロイド剤の働きにより、皮膚の炎症をおさえ、はれ、痛み、かゆみなどをやわらげる働きがあります。
クレナフィン クレナフィン
別名: エフィナコナゾール
別名: エフィナコナゾール
真菌(カビ)が原因となる爪の感染症を治療するお薬です。 真菌(カビ)を殺す働きがあります。
ネリゾナ ネリゾナ
処方薬 ネリゾナ
別名: ジフルコルトロン吉草酸エステル
別名: ジフルコルトロン吉草酸エステル
湿疹やじんま疹、皮膚炎などを治療するお薬です。 ステロイド剤の働きにより、皮膚の炎症をおさえ、はれ、痛み、かゆみなどをやわらげる働きがあります。
ニポラジン ニポラジン
処方薬 ニポラジン
別名: メキタジン
別名: メキタジン
かゆみをおさえるお薬です。 くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を改善するお薬です。 アレルギー症状を引き起こす物質(ヒスタミンなど)の体内での産生や放出をおさえ、また、その物質の働きをおさえます。

タグ