効能・効果

強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 不安や緊張などの精神の不安定な状態をおさえる働きがあります。

MEDLEY

副作用

アカシジア、静坐不能、ジスキネジア、疼痛、脱力、そう痒、じん麻疹、湿疹、発疹、血管浮腫、顔面腫脹

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

〈統合失調症〉 通常、成人にはルラシドン塩酸塩として40 mgを1日1回食後経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は80 mgを超えないこと。 〈双極性障害におけるうつ症状の改善〉 通常、成人にはルラシドン塩酸塩として20~60 mgを1日1回食後経口投与する。 なお、開始用量は20 mg、増量幅は1日量として20 mgとし、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は60 mgを超えないこと。

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 効き目はあります!鬱の無気力が解消されました
    名無しさん
    担当医が新しい薬に詳しく、ラツーダを処方押されました。 だんだんと昔のやる気に満ちていた自分を取り戻せたような感じになります。 がしかし、効きすぎるとたまにハイになる症状も出て、その時には漫画を買い過ぎました。 正直に漫画にお金をつぎ込んでしまいましたというと、症状を抑えるくするを出してくれ、ラツーダの処方量は変わらず飲んでいました。
    続きを読む
    なんか、ハイになるのはラツーダのせいではないみたいです。 うつ病だと思っていたら、ソウのでるうつ病みたいで、その時は、毎週ずつの診察が必要でした。 新薬だったので2週間ずつの通院でしたが、この夏1か月の通院に代わりました。 承認されたらしいです。 ベットで寝たきりの私でしたが、徐々に行動するようにできるようになったのが、何よりうれしい薬です。 私には合っていました。
    72
  • アカシジアな酷い
    名無しさん
    不安時に1錠飲むということで、処方され飲みましたが、アカシジアが酷く出てしまい何もできません。 ずっとソワソワ歩き回っています。 他には息吸えない、震え、動悸、発汗止まらないなどに苦しめられています。 二度と飲まないようにします。
    続きを読む
    55
  • 用量調節して飲んで欲しい
    はるさん
    双極性障害二型でどの薬も会わなかったけど、唯一ラツーダで日常生活を送れるようになった。学校も休まず行けている。薬を減らしたら(現在20mg)不安定な状況が増えてしまったので戻そうかと思っている。40mgを夕食後すぐに一日1錠服用しています。製薬会社さんに心から感謝しています。私はうつがメインの双極性障害二型です、皆様に合いますように……
    53
すべてのレビューを見る

関連する薬

ビプレッソ ビプレッソ
処方薬 ビプレッソ
主な適応: 双極性障害(躁うつ病)の薬 別名: クエチアピンフマル酸塩徐放錠
別名: クエチアピンフマル酸塩徐放錠
脳内の神経伝達物質の働きをよくし、ゆううつで落ち込んだ気分、意欲や行動の低下している状態を改善する働きがあります。 気分が晴々しないゆううつな気持ちをやわらげるお薬です。
エビリファイ エビリファイ
主な適応: 統合失調症の薬 別名: アリピプラゾール
別名: アリピプラゾール
意欲を高め、気分を楽にするお薬です。 強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 おさえることのできない感情の高まりや行動をおさえるお薬です。 不安などによる晴々しない気分やゆううつな気持ちをやわらげる働きがあります。 脳内の神経伝達物質の働きを調整し、気分を安定させる働きがあります。 イライラしたり、かっとなりやすい症状を改善する働きがあります。 イライラしたり、かっとなりやすい症状を改善するお薬です。
ヒルナミン ヒルナミン
処方薬 ヒルナミン
主な適応: 統合失調症の薬 別名: レボメプロマジンマレイン酸塩錠
別名: レボメプロマジンマレイン酸塩錠
強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 脳内の神経伝達物質(ドパミンなど)の産生や放出を調整し、不安や緊張をやわらげる働きがあります。
コントミン コントミン
処方薬 コントミン
主な適応: 統合失調症の薬 別名: クロルプロマジン塩酸塩
別名: クロルプロマジン塩酸塩
吐き気やしゃっくりを止めたり、また、痛み止めや寝つきをよくする薬の効果を高めるお薬です。 不安感やイライラする症状などを改善するお薬です。 脳内の神経伝達物質(ドパミンなど)の産生や放出を調整し、不安や緊張をやわらげる働きがあります。
ジプレキサ ジプレキサ
処方薬 ジプレキサ
主な適応: 統合失調症の薬 別名: オランザピン
別名: オランザピン
吐き気や嘔吐をおさえるお薬です。 脳内の神経伝達物質の働きをよくし、ゆううつで落ち込んだ気分、意欲や行動の低下している状態を改善する働きがあります。 強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 不安や緊張などの精神の不安定な状態をおさえる働きがあります。 薬などにより起こる強い吐き気や嘔吐をおさえる働きがあります。

タグ