効能・効果

脳内の神経伝達物質の働きをよくし、ゆううつで落ち込んだ気分、意欲や行動の低下している状態を改善する働きがあります。 気分が晴々しないゆううつな気持ちをやわらげるお薬です。

MEDLEY

副作用

口渇、倦怠感、傾眠、便秘、めまい、頭痛、アカシジア、食欲亢進、高プロラクチン血症、口内乾燥、体重増加

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

通常、成人にはクエチアピンとして1回50mgより投与を開始し、2日以上の間隔をあけて1回150mgへ増量する。 その後、さらに2日以上の間隔をあけて、推奨用量である1回300mgに増量する。 なお、いずれも1日1回就寝前とし、食後2時間以上あけて経口投与すること。

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • よく効きますが、眠気が強いです。
    名無しさん
    双極性障害のうつ方向に効くお薬ということで飲んでいます。 飲み始めて1ヶ月と少し経ちますが、うつ症状は少し和らいだように感じます。 気分の落ち込み自体は度々あるのですが、そこまでひどく落ちることはなく、耐えられる程度のしんどさに抑えてくれているイメージです。
    続きを読む
    問題点としては、飲み始めは眠気の副作用が強く出るので、朝起きられないことが多くなります。 また服用は食後から2時間空けないといけないので、夕食後に飲む時間が遅くなり、副作用が切れるのも遅くなってしまいます。 副作用自体はしばらくすると体が慣れてきて無くなるのですが、しばらく遅く起きる生活を続けた影響で、昼夜逆転状態が引き起こされてしまいました。 服用の際は、眠気との付き合い方に少し気を使っておいたほうが良いかなと思います。
    21
すべてのレビューを見る

関連する薬

リーマス リーマス
処方薬 リーマス
主な適応: 躁病の薬 別名: 炭酸リチウム
別名: 炭酸リチウム
おさえることのできない感情の高まりや行動をおさえるお薬です。 脳に働いて、興奮、自発運動、闘争行動をおさえる働きがあります。
エビリファイ エビリファイ
主な適応: 統合失調症の薬 別名: アリピプラゾール
別名: アリピプラゾール
意欲を高め、気分を楽にするお薬です。 強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 おさえることのできない感情の高まりや行動をおさえるお薬です。 不安などによる晴々しない気分やゆううつな気持ちをやわらげる働きがあります。 脳内の神経伝達物質の働きを調整し、気分を安定させる働きがあります。 イライラしたり、かっとなりやすい症状を改善する働きがあります。 イライラしたり、かっとなりやすい症状を改善するお薬です。
ヒルナミン ヒルナミン
処方薬 ヒルナミン
主な適応: 統合失調症の薬 別名: レボメプロマジンマレイン酸塩錠
別名: レボメプロマジンマレイン酸塩錠
強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 脳内の神経伝達物質(ドパミンなど)の産生や放出を調整し、不安や緊張をやわらげる働きがあります。
コントミン コントミン
処方薬 コントミン
主な適応: 統合失調症の薬 別名: クロルプロマジン塩酸塩
別名: クロルプロマジン塩酸塩
吐き気やしゃっくりを止めたり、また、痛み止めや寝つきをよくする薬の効果を高めるお薬です。 不安感やイライラする症状などを改善するお薬です。 脳内の神経伝達物質(ドパミンなど)の産生や放出を調整し、不安や緊張をやわらげる働きがあります。
ラツーダ ラツーダ
処方薬 ラツーダ
主な適応: 双極性障害(躁うつ病)の薬 別名: ルラシドン塩酸塩錠
別名: ルラシドン塩酸塩錠
強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気で起きる幻覚、妄想などをおさえるお薬です。 不安や緊張などの精神の不安定な状態をおさえる働きがあります。

タグ