処方薬

メサデルムの効果・副作用

効能・効果

湿疹やじんま疹、皮膚炎などを治療するお薬です。 ステロイド剤の働きにより、皮膚の炎症をおさえ、はれ、痛み、かゆみなどをやわらげる働きがあります。

MEDLEY

副作用

皮膚感染症、皮膚真菌性感染症、皮膚カンジダ症、皮膚白癬、皮膚細菌性感染症、 伝染性膿痂疹、毛のう炎、ステロイド皮膚、皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

通常、1日1~数回、適量を患部に塗布する。

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 翌日には症状が治まりました。
    名無しさん
    くちびるのフチがヒリヒリと痛み、日焼けをしたせいなのか、ヘルペスなのか原因がよくわからず、皮膚科を受診したときに処方してもらったのがこの薬でした。 まずは、くちびるを舐めたりしないことが雑菌を増やさないことと言われ、くちびるの周りを洗って綺麗にしてから薬を塗るようにと言われました。 メサデルム軟膏は炎症を抑える効果のある薬だそうです。
    続きを読む
    湿疹やかぶれがある時に処方される薬のようです。 1日に2回患部に薄く塗るだけでいいとのこと、早速試したところ、次の日にはくちびるのヒリヒリが治まり、くちびるのフチあたりの皮膚が乾燥して、薄いかさぶたのようになりました。 いつの間にかかさぶたのような皮膚の部分がなくなり症状は治まりました。 薄く塗るだけと簡単ですぐに効いたので助かりました。
    1
  • 痒いとき1回塗るだけでかゆみが改善します
    名無しさん
    唇のかゆみに悩まされ色々なリップクリームや保湿を試しましたが、一向に良くならず、先生から処方されたのがこの薬でした。 寝る前に一度使用しただけで痒みが収まり、ボロボロになっていた唇も次第に治りました。 このようにメリットとしては即効性があるところです。
    続きを読む
    反対にデメリットとしては2点あり、1点目は直射日光に当てるとシミになる可能性があるという点です。 ですので私は日中ではなく夜寝る前に清潔な状態で使用しました。 2点目は使用頻度が高いと効き目が薄れるという点です。 1日に1度程度でしたら問題ないそうですが、広い範囲や一日に何度も使用すると体が慣れてしまいより強いステロイド剤の投与が必要になります。 以上の点を気をつければとても優秀なお薬可と思います。 私は唇以外に少し痒みがある部分にも使用し、今ではこの薬がないと不安に感じるほど手放せない薬です。
    0
すべてのレビューを見る

関連する薬

ノイロトロピン ノイロトロピン
別名: ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液
別名: ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液
炎症による痛みやはれをやわらげるお薬です。 痛みや炎症の原因となる物質の働きをおさえます。
メンソレータムAPソフトローション メンソレータムAPソフトローション
湿疹、皮フ炎、かぶれ、虫さされ、かゆみ、あせも、じんましん。
オイチミン オイチミン
市販薬 オイチミン
別名:
別名:
湿疹、皮膚炎、かぶれ、かゆみ、虫さされ、あせも、じんましん、しもやけ。
アセモヒフール アセモヒフール
別名:
別名:
あせも、かぶれ、ただれ、湿疹、皮膚炎、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましん。
小粒タウロミン 小粒タウロミン
別名:
別名:
湿疹、皮膚炎、じんま疹、皮膚のかゆみ、鼻炎。

タグ