気になる症状をいつでも相談できる、患者同士のSNS「ビョウシル」をはじめました!
利用はこちら
処方薬

アルドメットのレビュー(口コミ・体験談)

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門家の指示に従ってください。

この薬のレビューを投稿しませんか?
あなたの評価やレビューが、他の薬を服用した人の助けになります。

※ レビュー投稿に会員登録は不要です。

  • 妊娠中でも服薬できる降圧剤
    名無しさん
    妊娠を検討していた30代半ばで高血圧と診断され、その時は上が170くらいありました。 このままでは妊娠しても命にかかわりますよと言われ、すぐに血圧コントロールを始めました。 妊娠を希望していることを伝えると、妊娠中でも服薬できるアルドメットを処方されました。
    続きを読む
    妊娠中や授乳中でも服薬できるお薬ですが、それはつまり効き目が弱いという意味でもあります。 アルドメットはかなり昔から使われている薬で、最近ではあまり使う人がいないという説明を受けました。 処方してもらったものの、そのような理由から、在庫がないという薬局もいくつかあり、その都度取り寄せになりました。 アルドメットの服用と生活習慣の改善に取り組み、少し高めではあったものの、正常範囲内の血圧に戻すことができました。 そして治療を始めてから間もなく妊娠がわかり、何とか血圧をコントロールしながら、無事出産することができました。 授乳中も服薬を続け、血圧のコントロールに努めました。
    1
  • 妊婦でも飲める降圧剤
    名無しさん
    母の遺伝で20代から、健康診断の度に血圧が高め、と言われてきました。 30代から定期的に病院に行くようになり、特に薬は飲まず血圧を測りながら様子見をしていました。 そろそろ妊活をしたい、と思った時血圧が高いことが不安だったため病院に相談したところ、今までは薬を飲んでいなかったけど、妊活するなら薬でコントロールした方がいいとのことで、妊婦でも飲めるアルドメッット125mgを処方されました。
    続きを読む
    飲み始めたところ、血圧は上下20くらいは下がり、妊娠した今でも継続して飲んでいます。 やはり食生活を気にしながら生活をしているためその効果もあるのかもしれませんが、 妊娠中の血圧問題とういう大きい悩みがこの薬により少し小さくなったかと思い感謝しています。
    0

この薬のレビューを投稿しませんか?
あなたの評価やレビューが、他の薬を服用した人の助けになります。

※ レビュー投稿に会員登録は不要です。

関連する薬

ワソラン ワソラン
処方薬 ワソラン
別名: ベラパミル塩酸塩錠
別名: ベラパミル塩酸塩錠
緩徐に血圧を下げ、心臓の仕事量を軽減するとともに、血流量を増やす働きがあります。 胸の圧迫感や胸痛といった狭心症などの発作を予防またはやわらげるお薬です。
アムロジン アムロジン
処方薬 アムロジン
別名: アムロジピンベシル酸塩
別名: アムロジピンベシル酸塩
血管や心臓の筋肉を収縮させるカルシウムの働きをおさえ、血管をひろげる働きがあります。 血圧を下げるお薬です。 胸の圧迫感や胸痛といった狭心症などの発作を予防またはやわらげるお薬です。
ロサルヒド配合 ロサルヒド配合
別名: ロサルタンカリウム
別名: ロサルタンカリウム
血圧を下げるお薬です。 血圧を上げる物質(アンジオテンシンⅡ)の働きをおさえるとともに、尿の量を増やし、余分な水分や塩分を排泄する働きがあります。
インデラル インデラル
処方薬 インデラル
別名: プロプラノロール塩酸塩
別名: プロプラノロール塩酸塩
血圧を下げるお薬です。 脈の乱れ(不整脈)を整えるお薬です。 心臓に働いて血液の拍出量を減らし、血圧を下げ、心臓の負担を少なくする働きがあります。 片頭痛の発症を防ぐお薬です。 胸の圧迫感や胸痛といった狭心症などの発作を予防またはやわらげるお薬です。 酸素不足による発作が起こるのを防ぐお薬です。
アジルバ アジルバ
処方薬 アジルバ
主な適応: 高血圧の薬 別名: アジルサルタン
別名: アジルサルタン
血圧を下げるお薬です。 血圧を上げる物質(アンジオテンシンⅡ)の働きをおさえます。

タグ