処方薬

イミグランの効果・副作用

効能・効果

脳の血管がひろがるのをおさえ、血管周囲の炎症をおさえる働きがあります。 片頭痛の痛みをやわらげるお薬です。

MEDLEY

副作用

過敏症、蕁麻疹、発疹、皮膚症状、刺激感、異和感、灼熱感、鼻炎、鼻汁、鼻閉、くしゃみ

MEDLEY

用法・用量

※ 薬の服用は必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

通常、成人にはスマトリプタンとして1回20mgを片頭痛の頭痛発現時に鼻腔内投与する なお、効果が不十分な場合には、追加投与をすることができるが、前回の投与から2時間以上あけること ただし、1日の総投与量を40mg以内とする (用法及び用量に関連する注意)7.1. 本剤は頭痛発現時にのみ使用し、予防的には使用しないこと 7.2. 本剤投与により全く効果が認められない場合は、その発作に対して追加投与をしないこと(このような場合は、再検査の上、頭痛の原因を確認すること) 7.3. スマトリプタン製剤を組み合わせて使用する場合には少なくとも次の間隔をあけて投与すること ・ スマトリプタン点鼻液投与後にスマトリプタン注射液あるいはスマトリプタン経口剤を追加投与する場合には少なくとも2時間以上の間隔をあけて投与すること ・ スマトリプタン経口剤投与後にスマトリプタン点鼻液を追加投与する場合には少なくとも2時間以上の間隔をあけて投与すること ・ スマトリプタン注射液投与後にスマトリプタン点鼻液を追加投与する場合には少なくとも1時間以上の間隔をあけて投与すること

上位レビュー

※ レビューは個人の感想です。服用は必ず専門機関の指示に従ってください。

  • 片頭痛に根本から効く
    名無しさん
    20代からずっと片頭痛に悩まされています。母方の女性は皆、片頭痛持ちなので遺伝だと思います。20代、働き始めた頃から、バファリン24錠入りを2~3週間で飲みきるほど、毎日鎮痛剤を飲んでいないと治まらなかったのを見ていた50代の上司に、脳神経外科受診を勧められ、診察の結果『片頭痛』『薬物乱用頭痛』と診断されました。鎮痛剤と片頭痛治療薬の違いもしっかり説明され、約30年経ちました。頭痛ダイアリーも何冊も書き続け、自分の頭痛のタイプと頭痛予測が立てられるようになり、気圧変化や季節の変わり目、生理周期や寝不足、ストレスが影響していることなど、自分のトリセツがわかるとだいぶラクに過ごせるようになりました。 処方薬なので市販はされていませんが、トリプタン製剤はありとあらゆるものを試し、今はイミグラン(スマトリプタン)錠、薬も吐くほど酷い時はイミグラン静注、が最終手段になっています。更年期にさしかかると片頭痛も治まる、と昔は言われていましたが、一生付き合うものかな、と最近は覚悟を決めて、定期的に主治医の診察を欠かさないようにしています。頭痛持ちだから…としょっちゅう鎮痛剤飲んでいる方、市販の頭痛薬がかえって頭痛を悪化させているかもしれません。ぜひ専門医を受診し正しい治療を受けて欲しいと思ってます。
    0
すべてのレビューを見る

関連する薬

マクサルト マクサルト
処方薬 マクサルト
別名: リザトリプタン安息香酸塩
別名: リザトリプタン安息香酸塩
脳の血管がひろがるのをおさえ、血管周囲の炎症をおさえる働きがあります。 片頭痛の痛みをやわらげるお薬です。
SG配合顆粒 SG配合顆粒
処方薬 SG配合顆粒
別名: ピラゾロン系解熱鎮痛消炎配合剤
別名: ピラゾロン系解熱鎮痛消炎配合剤
熱を下げたり痛みをやわらげたりするお薬です。 皮膚の血管をひろげて熱を放散させる働きや、痛みの感受性を低下させる働きがあります。
レルパックス レルパックス
主な適応: 片頭痛の薬 別名: エレトリプタン臭化水素酸塩
別名: エレトリプタン臭化水素酸塩
脳の血管がひろがるのをおさえ、血管周囲の炎症をおさえる働きがあります。 片頭痛の痛みをやわらげるお薬です。
トラムセット配合錠 トラムセット配合錠
別名: トラマドール塩酸塩・アセトアミノフェン配合剤錠
別名: トラマドール塩酸塩・アセトアミノフェン配合剤錠
中枢神経に働いて、痛みをやわらげる働きがあります。 激しい痛みをおさえるお薬です。
ゾーミッグ ゾーミッグ
処方薬 ゾーミッグ
別名: ゾルミトリプタン錠
別名: ゾルミトリプタン錠
脳の血管がひろがるのをおさえ、血管周囲の炎症をおさえる働きがあります。 片頭痛の痛みをやわらげるお薬です。

タグ